タイミングベルトが切れちゃった!
自動車は交通手段として、とても有用であることは周知の事実です。日本で車が走っていない地域は、ほとんど無いと言っても過言ではないでしょう。特に地方に行くと、電車が首都圏ほど走っていないこともあり、車が無ければ日々の買い物や通勤が出来ないといったところも、決して珍しくありません。
2013年の現代日本において自動車は、無くてはならない生活の足となっているのです。

さて、その自動車ですが、時に急に故障してしまい、途方に暮れることがあります。特に「タイミングベルト」と呼ばれるエンジンのカムシャフトを駆動させる部品は、油断をしていると不意に切れてしまい、これから自動車で出かけようとしていたドライバーを困らせます。

仙台 自動車修理


実は私も、これから旅行に出かけようとした矢先に、このタイミングベルトが切れてしまい、予定が大幅に狂ってしまった苦い経験があります。ちなみに切れた原因は、「摩耗」とのことで、動かない車を見に来てくれたロードサービスの方に教えてもらいました。

車検 | カーコン車検

私は知らなかったのですが、この部品は「10万km」を目安の一つに交換するのが望ましいとのこと。中古で購入した、当時の私の車の走行距離は15万㎞で、余裕で交換時期を過ぎていたのです。きっと中古車ディーラーで売りだされていた時点で新しい部品に交換されていなかったのでしょうが、「これも勉強代」と思って自腹で交換した記憶があります。

DD車検まかせ太くん|カーライフサポート|JX日鉱日石エネルギー

皆さんも車の走行距離が長くなってきたら、本体やエンジンの消耗だけではなく、このタイミングベルトにも気をつけててください。油断していると、急に思わぬところで足を掬われてしまうことがあります。