必須アミノ酸について
人の身体の殆どは20種類のアミノ酸により作られています。アミノ酸は必須アミノ酸9種類と、非必須アミノ酸11種類に分けることが出来ます。必須アミノ酸は体内で作ることが出来ず100%を食事等外から摂取する必要があるのに対し、非必須アミノ酸は体内の別の物質から作ることが出来る為、それ自体を摂取する必要はありませんが、稀に体内に十分な量が無く、食事で補給する必要が有る場合も有ります。

サプリメント成分の評価:GPA Talks:So-netブログ

必須アミノ酸の中の一つでも摂取を怠ると、重大な栄養障害を起こし、筋肉や骨、血液などの生成が出来なくなります。すなわち、私達が生きていくのにとても大切な栄養素という事です。



必須アミノ酸の名称と体重1㎏当たりの一日の摂取量は①ヒスチヂン10㎎②イソロイシン20㎎③ロイシン39㎎④リジン30㎎⑤メチオニン+システイン15㎎⑥フェニルアラニン+チロシン25㎎⑦トレオニン15㎎⑧トリプトファン4㎎⑨バリン26㎎です。必須アミノ酸の体重1㎏当たりの総摂取量は184㎎で体重が50㎏の人の場合9200㎎の必須アミノ酸を1日に摂取しなければならない計算になります。

【楽天市場】健心生活館-ダイエット食品、健康食品、生活衛生用品etc-

しかし、私達の身体に大変重要な意味を持つ必須アミノ酸が、簡単に摂取できないのであれば、人類はここまで繁栄しなかったでしょう。この事からも判るように、必須アミノ酸は平均的な食事を行う事で、簡単に基準値まで摂取できるのです。それよりも、非必須アミノ酸の方が、高価な魚介類等に含まれている事も多く、不足しがちな傾向にあるのです。

必須アミノ酸は、主に肉類や卵等の動物性たんぱく質を多く含んだ食材、若しくは豆腐屋納豆などの大豆製品に多く含まれています。その為、菜食主義者や肉を殆ど食べない人にとっては不足しがちな栄養素ですので、サプリメントで補う等の対策を取る必要があるでしょう。