薬局と薬店の違いについて
街中を歩いていると、「○○ドラック」とか「××薬局」などという薬屋さんの名称を、よく見かけます。薬局と薬店の違いなど、それほど気にすることもなく、必要な商品を購入しておしまいという人が大半だと思います。

富山大学医学部公衆衛生学講座

しかし、薬局と薬店は異なるものです。以前は病院で診察を受けると、薬はその病院内の薬局や受付などで受け取っていました。今でも大病院などでは、診察から薬を出すところまで、一連のシステムを取り入れています。しかし、最近では診察を受けた後に、処方せんだけを渡される場合も多いです。



患者はその処方せんをもって、病院内部ではなく、外の調剤薬局と呼ばれる薬局で、必要な薬を受け取るようになりつつあります。これを院外処方と呼ぶのですが、それに対応できるか否かが薬局と薬店の最大の違いです。薬局には、薬剤師が常駐しており、必ず調剤室というものが設置されています。つまり、薬剤師と調剤室がそろっていなければ、「薬局」を名乗ることは出来ません。基本的に薬局では、処方せんに基づいて医療医薬品を扱うことができ、かつ一般の医薬品も販売することができるのです。

公衆衛生学講座

一方、薬店のほうですが、常駐する薬剤師はおらず、調剤室もありません。つまり、扱える薬品は一般医薬品のみで、処方せんなどについては対応することができません。店に「薬局」という言葉は使えませんので、「ドラックストア○○」とか「××薬店」などという名称になります。昨今、大規模なドラックストアーが急成長しており、時間を決めて薬剤師を置いたり、調剤薬局を併設するものも増えてきています。