競売と任意売却
もし、あなたが住宅ローンの月々の支払いを滞らせてしまい、今後も払っていける目処が付かないならば、任意売却を考えることも視野に入れるべきです。実際、遅延・延滞のある人が、弁護士などの専門家に相談に行くと、まず、この任意売却をすすめられることでしょう。なぜなら、支払いの滞った期間が長くなればなるほど、延滞利息が付き、負債はどんどん膨らんでいきます。また、他のローンに比べ、住宅ローンは借り入れをしている金額自体が大きいケースがほとんどですので、「ほんの利息」という話では済みません。

ネットオークションとは 〔インターネットオークション〕 〔Webオークション〕 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

まず、ローン会社へ任意売却の意思を伝えましょう。これまで延滞をしているから連絡を取りにくいなどと言っている場合ではありません。むしろ債務者のほうから、延滞の謝罪と任意売却の旨を申し出ればその後の手続きについても、遥かにやりやすくなるはずです。さて、次に任意売却に関する申出書と売り出し価格確認申請書等をローン会社へ提出します。これについては、実質的には、任意売却専門業者に委託することになりますので、そちらのほうで書類を準備してくれるでしょう。

仙台 競売

その後、ローン会社より売出価格が提示され、販売活動を開始することになります。この間に、物件が売却できれば幸いです。
売却ができた場合、買主から買付証明を受け取ります。これで売買契約の成立となり、債権者と抵当権全額抹消の交渉をおこないます。売却した代金は当然のことながら配当に回されます。抵当権の抹消、差し押さえの解消など法的な手続きを終えることで、「任意売却終了」になります。

MSN ヘルプ - お知らせ

しかし、任意売却が、競売にかけられてからになると、買主が見つかった段階で、債権者と販売価格交渉をしなければなりません。また競売に掛けられると、中古市場価格よりもさらに低い金額になるのがあたりまえなので、残債務を解消することはほぼ不可能になります。よって、ローンの返済が不可能になった場合には、競売になる前に、なるべく早い段階で任意売却の手続きを執り行うことが、債務を無くす上で非常に重要な手段となるのです。